簡単・長続き!体に良いダイエット
トップ > 料理 > シジミ

シジミの味噌汁・燃焼系アミノ酸のオルニチンが体脂肪を分解

シジミに含まれるオルニチンは、燃焼系アミノ酸と呼ばれ、体脂肪を分解させる働きがあります。二日酔いに効くだけでなく、代謝を上げて太りにくくしたり、美肌にも効果があります。

シジミ

 目次
 1. シジミの成分・燃焼系アミノ酸のオルニチン
 2. シジミを食べるだけでは痩せない
 3. シジミの味噌汁でダイエットの相乗効果

シジミの成分・燃焼系アミノ酸のオルニチン

オルニチン

シジミに豊富に含まれるオルニチンは、血液中を巡っている遊離アミノ酸です。 オルニチンには、成長ホルモンの分泌を促進させる作用があります。 成長ホルモンは、細胞を新しくしたり、新陳代謝を促します。

成長ホルモン

筋トレをすると筋肉がつくのも、成長ホルモンが分泌されるおかげです。 筋肉がついたり、筋肉を維持できれば、基礎代謝も下がりません。 成長ホルモンは、眠っている間にも分泌され、熟睡すると盛んになります。

燃焼系アミノ酸

オルニチンは、「燃焼系アミノ酸」と呼ばれ、体脂肪を分解させる働きがあります。 成長ホルモンは、体脂肪の分解を促したり、肌のターンオーバーを短くするなど、美容にも効果的です。

シジミに含まれる成分

オルニチンは、アルコールの解毒作用があり、肝機能を正常に保つ働きがあります。 シジミには、タウリンやメチオニンなど、胆汁の分泌を促して、肝臓を強化したり脂肪肝を防ぐ成分も含まれています。 昔から、二日酔いの朝にシジミの味噌汁を飲むのは、このためです。

ビタミンB12

シジミに豊富に含まれるビタミンB12には、血液循環をよくする働きがあります。 鉄分も多く、造血作用もあり、貧血にも有効です。 シジミの成分は水溶性なので、味噌汁などでで摂るのが効果的です。



シジミを食べるだけでは痩せない

体脂肪が燃焼しない原因1

シジミを食べているのに、「ぜんぜん体脂肪が燃焼しないじゃないか」と言う方もいます。 何故なら、オルニチンは、体脂肪を分解させる働きがあるだけです。 運動をしなければ、体脂肪はエネルギーとして、それほど使われません。

体脂肪が燃焼しない原因2

二日酔いでシジミを食べている場合、基本的に飲酒の量が多いです。 アルコールは1gで7kcalあり、脂質の9kcalよりは低いですが、糖質の4kcalよりも高いです。 また、オルニチンは、アルコールの解毒に使われてしまいます。

シジミの味噌汁でダイエットの相乗効果

味噌汁

味噌の原料である大豆には、たんぱく質や不飽和脂肪酸が豊富に含まれ、血行をよくして代謝を上げてくれます。 シジミだけでなく、ワカメなどのカリウムを多く含む海藻も入れれば、血圧を下げる働きもあります。

大豆イソフラボン

大豆には、女性ホルモンに似た成分である、イソフラボンが多く含まれています。 肥満を防いだり、悪玉コレステロールを減らしたり、美肌効果があります。

オルニチンの補給

体内のオルニチンは、加齢によって減少します。 シジミには、ビタミンB群が豊富に含まれ、血行をよくして代謝を上げてくれます。 シジミの味噌汁など、日常的に食べることが難しい場合は、オルニチンのサプリメントも有効です。

シジミの旬

寒シジミ、土用シジミと言われるように、旬は真冬や真夏です。 この時期には栄養価も高く、含まれるダイエット成分も多いです。





 料理の痩せるポイント
 肉じゃが
 酢豚
 ごはんとおかゆを比較
 お好み焼き
 コロッケVSメンチカツ
 唐揚げはヘルシー
 チャーハン
 餃子
 卵料理でタンパク質
 シジミの味噌汁
 ウナギ
 すき焼き
 おでんの種
 ラーメンの栄養価
 パスタの栄養価

 体によいダイエット
 低GIダイエット
 ラクして痩せる豆知識
 代謝を上げる方法
 食欲を抑える方法
 料理の痩せるポイント
 ダイエット役立ち食品
 体脂肪を減らすツボ