豆腐料理で飽きずにダイエット

大豆食品で最もよく食べられているのが豆腐。ダイエットで不足がちな、たんぱく質とカルシウムが簡単に摂れる食品です。

豆腐

豆腐はダイエットで不足がちな、たんぱく質とカルシウムが簡単に摂れる食品です。
木綿と絹ごし、どちらもダイエットに有効ですが、木綿の方が、タンパク質などの栄養価が高く、糖質は少ないです。
豆腐を加工した食品には、がんもどき、厚揚げ、油揚げ、湯葉などがあります。

100g当たり カロリー 糖質 たんぱく質 脂質
絹ごし豆腐 56 kcal 1.7 g 4.9 3.0
木綿豆腐 72 kcal 1.2 g 6.6 4.2
厚揚げ 150 kcal 0.2 g 10.6 11.3
がんもどき 228 kcal 0.2 g 15.3 17.8
油揚げ 411 kcal 0 g 23.3 34.4
湯葉 232 kcal 3 g 21.8 13.6

 

がんもどき、厚揚げ

がんもどき、厚揚げは、豆腐を油で揚げたものなので、たんぱく質やカルシウムが豊富に含まれています。
女性の美容に効果的なイソフラボンも摂ることができますが、脂質やカロリーが高いので、食べすぎには注意が必要です。

麻婆豆腐

唐辛子の辛み成分であるカプサイシンは、アドレナリンなどのホルモンの分泌を促し、血流をよくします。
血行がよくなって体が温まると、代謝が高まります。

豆腐ハンバーグ

豆腐ハンバーグは、肉の半分を豆腐に置き換えたものです。
代謝を上げるタンパク質はそのままで、カロリーと脂質を2/3に減らすことができます。

フィットライフコーヒー
1杯分でバナナ9本分に相当する食物繊維が食事での糖の吸収を遅らせ、血糖値の上昇を穏やかにします。

 




 

 関連記事
 満腹中枢を働かせてダイエット
大豆食品は腹持ちがよくダイエット成分が豊富
メニュー豊富な豆腐料理で飽きずにダイエット
納豆で血管・骨・肌を若くアンチエイジング
おからで食物繊維・お腹で膨らんで少量でも満腹になる
食物繊維が余分な糖分や脂肪を吸着
海藻のネバネバ成分・フコイダンが中性脂肪を減らす
ヘルシーなキノコも高カロリーになってしまう
ゴボウの食物繊維・イヌリンが中性脂肪を減らす
食物繊維が豊富なオールブランで朝食と間食
糖質や脂質の吸収を減らすサプリメント

 

 カテゴリ
 低GIダイエット
ラクして痩せる豆知識
代謝を上げる方法
食欲を抑える方法
料理の痩せるポイント
ダイエットに役立つ食品
体脂肪を減らすツボ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。