納豆の栄養素とダイエット成分

納豆には、ナットウキナーゼ、イソフラボン、トリプトファン、ビタミンB6、ビタミンKなどのダイエット、美容、健康に役立つ栄養素が豊富に含まれています。

納豆

納豆の栄養素

納豆は、1パック(50g)当たり、100kcal、糖質2.5g、たんぱく質8.3g、脂質5gです。
GI値も低く33です。

ビタミンK

納豆には、骨にカルシウムを沈着させる作用があるビタミンKが豊富に含まれています。
納豆を食べる習慣があまりない西日本では、東日本に比べて骨折する割合が高いそうです。
納豆1食で、1日分のビタミンKを摂ることができます。
ビタミンKは脂溶性なので、納豆を天ぷらにしてもよいです。

ナットウキナーゼ

納豆の成分であるナットウキナーゼには、血管内の血栓を溶かす作用があり、動脈硬化の予防に効果的です。
血管を若く保つことで、アンチエイジングにもつながります。
また、ビタミンB2が豊富に含まれ、脂肪の代謝を促進します。

レシチン

納豆には、大豆の成分であるレシチンにより、コレステロールを減らす働きがあります。
血行をよくする不飽和脂肪酸など、ダイエットに効果がある成分が多く含まれています。
また、納豆菌が腸内にある善玉菌を増やして腸の働きが改善され、便秘の解消にも役立ちます。

ネバネバ成分

納豆のネバネバ成分が、糖の吸収を抑えて、血糖値の上昇を緩やかにします。
ただし、お酢などで酸性度が高くなると、ネバネバが分解されて、効果がなくなってしまいます。

ながらバイク
アルインコ
パソコンなどが置けるテーブル付きのバイクです。背もたれ付きで、動画を見たり、仕事をしながら運動ができます。

 




 

 関連記事
 満腹中枢を働かせてダイエット
大豆食品は腹持ちがよくダイエット成分が豊富
メニュー豊富な豆腐料理で飽きずにダイエット
納豆で血管・骨・肌を若くアンチエイジング
おからで食物繊維・お腹で膨らんで少量でも満腹になる
食物繊維が余分な糖分や脂肪を吸着
海藻のネバネバ成分・フコイダンが中性脂肪を減らす
ヘルシーなキノコも高カロリーになってしまう
ゴボウの食物繊維・イヌリンが中性脂肪を減らす
食物繊維が豊富なオールブランで朝食と間食
糖質や脂質の吸収を減らすサプリメント

 

 カテゴリ
 低GIダイエット
ラクして痩せる豆知識
代謝を上げる方法
食欲を抑える方法
料理の痩せるポイント
ダイエットに役立つ食品
体脂肪を減らすツボ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。