血糖値を上げずにゆっくり食べるには

歯ごたえのあるものを一品加えることで、食事のスピードがゆっくりになり、満腹中枢を働かせることができます。

歯ごたえのあるものを加える

現代の食事は昔と比べ、ほとんど噛まなくてもよい、軟らかいものばかりなので、ゆっくり食べるのもたいへんです。
歯ごたえのあるものを一品加えることで、食事のスピードがゆっくりになり、満腹中枢を働かせることができます。
ごはんを白米から玄米や胚芽米にかえるのも効果的です。

野菜を最初に食べる

ごはんから食べるより、野菜を最初に食べるようにします。
野菜や海藻を先に食べると、血糖値の急激な上昇が抑えられ、同じ量を食べても太りにくくなります。
また、食物繊維はおなかの中で膨らむので、食べ過ぎも抑えることができます。

野菜の調理方法

野菜のカットサイズを大きくしたり、少し硬めに茹でたりすることで、強制的に噛む回数を増やすことができます。
これにより食べるスピードがゆっくりになり、満腹中枢を働かせて食べすぎを防ぐことができます。

一口食べるたびに箸を置く

食べ物を口に入れたら、箸をテーブルに置き、飲み込むまで箸を持たないようにします。
箸を持ち続けていると、次々に手が出てしまうものです。
箸を置くだけでも、かなり時間を使います。
それほど食べていなくても、20分以上すぎると、満腹感を感じることができます。

ウェイトダウン ヨーグルト風味

ザバス
腹持ちのよい大豆プロテインとガルシニアエキスを配合したプロテインです。減量時に不足しやすい「11種類のビタミン」とカルシウム・鉄・マグネシウムも配合しています。

 




 

 関連記事
 満腹中枢を働かせてダイエット
大豆食品は腹持ちがよくダイエット成分が豊富
メニュー豊富な豆腐料理で飽きずにダイエット
納豆で血管・骨・肌を若くアンチエイジング
おからで食物繊維・お腹で膨らんで少量でも満腹になる
食物繊維が余分な糖分や脂肪を吸着
海藻のネバネバ成分・フコイダンが中性脂肪を減らす
ヘルシーなキノコも高カロリーになってしまう
ゴボウの食物繊維・イヌリンが中性脂肪を減らす
食物繊維が豊富なオールブランで朝食と間食
糖質や脂質の吸収を減らすサプリメント

 

 カテゴリ
 低GIダイエット
ラクして痩せる豆知識
代謝を上げる方法
食欲を抑える方法
料理の痩せるポイント
ダイエットに役立つ食品
体脂肪を減らすツボ

 

「血糖値を上げずにゆっくり食べるには」への1件のフィードバック

  1. どうもー、おっちーです(^^)
    こんにちは!

    おー、満腹中枢を働かせるのは、
    食べる順番が重要なんですね。
    これから意識してみます!
    ではではまた来まーす(^^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。