ダイエットに満腹感を感じるには20分かかる

食事を始めて、満腹中枢が働くまでには、20分かかると言われています。10分くらいで食事を済ませてしまうと、十分な量を食べても、食べたいという感情は消えません。

満腹感を感じるのは脳

脳には、食べさせようとする摂食中枢と、食べるのをやめさせる満腹中枢とがあり、満腹感は脳が感じていることです。
食事で血糖値が上昇すると、満腹中枢が活発になり、満腹感を感じて、これ以上は食べたくなくなります。
逆に、胃に余裕があっても、満腹感を感じると食べられなくなります。

満腹中枢を働かせる

現代人は、ほとんどが早食いで、満腹中枢が働かずに食べ過ぎています。
食事を始めてから「満腹になった」という信号がでるまでには、約20分の時間がかかると言われています。
早食いをすると、満腹を感じたときには、すでに摂取カロリーをかなりオーバーしています。
ダイエットするには、満腹中枢を働かせることが重要です。

よく噛む

ゆっくり食べるには、一度に口に入れる量を少なくし、よく噛んで食べるようにします。
特に、一度に口に入れるご飯の量を少なくすると、ゆっくり食べることができます。
また、たくさん噛む必要のあるものを先に食べておくことで、食事に時間をかけることができます。

ヒスタミン

よく噛んで食べると、噛んだ刺激により脳内にヒスタミンという物質が生成されます。
ヒスタミンは、満腹中枢を刺激して満腹感を感じさせるほかにも、交感神経が刺激されて内臓脂肪がつきにくくなります。
また、青魚に多く含まれるヒスチジンを摂ると、脳内でヒスタミンに変わり、食欲を抑えてくれます。

3D振動マシン
上下左右へ微細な3D振動がお肉や筋肉をブルプル揺らし血行促進、脂肪を燃焼します。バランスを取ることで、同時に下半身の筋肉を効率よくよく鍛えることができます。

 




 

 関連記事
 満腹中枢を働かせてダイエット
大豆食品は腹持ちがよくダイエット成分が豊富
メニュー豊富な豆腐料理で飽きずにダイエット
納豆で血管・骨・肌を若くアンチエイジング
おからで食物繊維・お腹で膨らんで少量でも満腹になる
食物繊維が余分な糖分や脂肪を吸着
海藻のネバネバ成分・フコイダンが中性脂肪を減らす
ヘルシーなキノコも高カロリーになってしまう
ゴボウの食物繊維・イヌリンが中性脂肪を減らす
食物繊維が豊富なオールブランで朝食と間食
糖質や脂質の吸収を減らすサプリメント

 

 カテゴリ
 低GIダイエット
ラクして痩せる豆知識
代謝を上げる方法
食欲を抑える方法
料理の痩せるポイント
ダイエットに役立つ食品
体脂肪を減らすツボ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。