きのこ料理でダイエット

キノコは油を吸いやすい性質があり、天ぷらなど揚げるとカロリーは高くなってしまいます。焼いたり蒸すことで、カロリーを低くできます。

きのこの食物繊維の含有量

茹でたり鍋にすると、体によい成分が流れ出てしまうので、蒸したりホイル焼きにすると、効率よく摂れます。

食品 100g中
エリンギ 4.3g
えのきだけ 3.9g
しめじ 3.7g
しいたけ 3.5g
マッシュルーム 3.3g
まいたけ 2.7g
なめこ 2.7g

しいたけは生のものです。

きのこスパゲティ

きのこスープスパゲティは、ミートソースやカルボナーラなどと比較して、脂肪分が少なく、低カロリーでヘルシーです。
ただし、キノコは油を吸いやすいので、自分でつくる場合は、麺とキノコを分けて調理すると、油を少なくできます。

キノコの天ぷら

シイタケやマイタケなど、天ぷらで食べることもあります。
キノコのカロリーは、ほとんどないとですが、天ぷらにすると、大量に油を吸い、カロリーは約10倍に跳ね上がってしまいます。

なめこの味噌汁

なめこには、きのこ自体の食物繊維に加え、ヌルヌルした成分にも食物繊維が多く含まれています。
これにより、糖質や脂質の吸収を抑えてくれます。
味噌の原料である大豆も腹持ちがよく、イソフラボンなどの美容成分も豊富です。

レッグマジックサークル
ショップジャパン
開閉運動に360度の回転がプラスされ、ウエストをひねることで脂肪がつきやすいわき腹、下腹、背中の筋肉を鍛え、くびれをつくることができます。骨盤のゆるみ、O脚が気になる方にも。
耐荷重100kg

 




 関連記事
 満腹中枢を働かせてダイエット
 大豆食品は腹持ちがよくダイエット成分が豊富
 メニュー豊富な豆腐料理で飽きずにダイエット
 納豆で血管・骨・肌を若くアンチエイジング
 おからで食物繊維・お腹で膨らんで少量でも満腹になる
 食物繊維が余分な糖分や脂肪を吸着
 海藻のネバネバ成分・フコイダンが中性脂肪を減らす
 ヘルシーなキノコも高カロリーになってしまう
 ゴボウの食物繊維・イヌリンが中性脂肪を減らす
 食物繊維が豊富なオールブランで朝食と間食
 糖質や脂質の吸収を減らすサプリメント

 カテゴリ
 低GIダイエット
 ラクして痩せる豆知識
 代謝を上げる方法
 食欲を抑える方法
 料理の痩せるポイント
 ダイエットに役立つ食品
 体脂肪を減らすツボ

「きのこ料理でダイエット」への1件のフィードバック

  1. おっちーです、sdietさんこんにちは(^^)

    きのこは低カロリーだし美味しいですよね!
    私もよく食べてます。
    ではまたー(^^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。