枝豆の燃焼系アミノ酸・成長ホルモンを分泌

大豆には体脂肪を分解させる働きや成長ホルモンの分泌を促進させる作用もあります。

豆腐

オルニチン

枝豆には、アルコールの解毒作用があるオルニチンが含まれています。
オルニチンは、シジミにも多く含まれ、二日酔いにシジミの味噌汁が効くのはこのためです。

燃焼系アミノ酸

オルニチンは、燃焼系アミノ酸と呼ばれ、体脂肪を分解させる働きがあります。
運動前に枝豆を食べれば、脂肪燃焼の効果がアップします。
また、成長ホルモンの分泌を促進させる作用があり、肌の新陳代謝にも有効です。

コリン

枝豆に含まれるコリンは、脂肪の代謝を高める働きがあり、レシチンの材料になります。
脂肪の代謝を促すことで、高血圧やコレステロールの抑制、脂肪肝の予防などに効果的です。

枝豆の調理方法

枝豆の成分は、水に溶けやすいので、茹でると水に溶け出してしまいます。
また、熱に弱く、電子レンジでは高熱になりすぎて壊れてしまいます。
蒸すことで、効率よく成分を残すことができます。

ずんだ

ずんだは、茹でた枝豆を潰して、餡にしたものです。
宮城県や山形県の銘菓に、餅にずんだを塗したずんだ餅があります。
ダイエット中のお菓子として、よいかも知れません。

豆乳おから100%クッキー マンナン入り

油分と糖分を控えた超低糖質な、おから100%クッキーです。グルコマンナンがお腹で膨らみ、少量でも満腹感が得られます。硬いのが特徴で、食べる時間をかけることができます。

 




 

 関連記事
 満腹中枢を働かせてダイエット
大豆食品は腹持ちがよくダイエット成分が豊富
メニュー豊富な豆腐料理で飽きずにダイエット
納豆で血管・骨・肌を若くアンチエイジング
おからで食物繊維・お腹で膨らんで少量でも満腹になる
食物繊維が余分な糖分や脂肪を吸着
海藻のネバネバ成分・フコイダンが中性脂肪を減らす
ヘルシーなキノコも高カロリーになってしまう
ゴボウの食物繊維・イヌリンが中性脂肪を減らす
食物繊維が豊富なオールブランで朝食と間食
糖質や脂質の吸収を減らすサプリメント

 

 カテゴリ
 低GIダイエット
ラクして痩せる豆知識
代謝を上げる方法
食欲を抑える方法
料理の痩せるポイント
ダイエットに役立つ食品
体脂肪を減らすツボ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。