ダイエット中にデザートを食べたい場合は

ケーキやチョコレートを食べるなら、代謝が高い昼間に食べると太りにくいです。

デザート

糖質の摂りすぎに注意

食後のデザートに砂糖がたくさん含まれていると、食事とデザートで糖質の摂りすぎになります。
糖質の摂りすぎは間違いなく太る原因なので、食後にケーキなどを食べたいときは、ごはんやパンを控えめにします。
また、脂っこい食事の後に、甘いものを食べると、より太りやすくなります。

甘いものは消化がよい

時間帯によっては、甘いものを食べても太りません。
チョコレート、大福など、GI値の高いデザートは消化がよく、すぐにエネルギーになります。
安静時に食べれば太りやすいですが、仕事や運動の合間に食べれば、すぐにエネルギーになって疲労回復にも役立ちます。

食べるなら昼間に

甘いデザートを食べるなら、夜ではなく昼間にしましょう。
夜は代謝が低く、エネルギーを使いきれずに体脂肪になってしまいますが、昼間は代謝が高いので、食べたカロリーを消費できます。

 




 

 関連記事
油の摂取量を減らすには
朝食を摂ると「太りにくい」「太る」の分岐点
間食を摂ってもよい
お酢・クエン酸で糖質の吸収を緩やかに
牛乳は食事のGI値を低くする効果が抜群
太りにくい飲み物
太りにくいデザート
野菜も摂り方しだいで太る
青魚のEPAが腹持ちをよくする
肥満の人は味覚障害・濃い味付けは太る原因に
睡眠不足は太りやすい
ストレスが溜まると太る

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。