「甘い物は別腹」を防ぐには

甘いものでなくても、味が変われば、いくらでも食べれてしまい、太る悪循環に陥ってしまいます。

デザート

甘い物は別腹とは

お腹がいっぱいなのに、甘いものなら食べられる「甘いものは別腹」です。
しかし、甘いものでなくても、味が変われば、いくらでも食べれてしまい、太る悪循環に陥ってしまいます。

違う味が欲しくなる

警部補・古畑任三郎で、このようなシーンがあります。
甘いパフェを食べた後、部屋に戻った古畑が今泉にルームサービスを頼む。
「口直しで、しょっぱいもの…明太子スパゲティ頼んでくれる?」
「はい。」
「今泉君、明太子多めで!おもいっきり辛いやつ。」
その後、張り込み中の車内で、古畑が、
「今泉君、何か辛いもん無い? あんな辛い明太子スパゲティ、世の中にあったんだねぇ。」
「バームクーヘンならありますよ。昨日出席した結婚式の引出物です。」
バームクーヘンを食べると、古畑が、
「親の仇みたいに甘いじゃない。塩昆布とか無いの?」
「古畑さん、悪循環ですよ!結婚式に塩昆布なんか出ませんよ!」

甘いものと辛いもの

上記のように、甘いものを食べると、しょっぱいものが欲しくなり、しょっぱいものを食べると、甘いものが食べたくなります。
同じような味のものを食べていると、脳がだんだん飽きて満足できず、新鮮な味を求めてしまうからです。
「甘いものは別腹」も同様に、甘いものが少ない食事に飽きたからとも言えます。

食後のデザート

食後のデザートを止めたいなら、卵焼きなど、甘い味のおかずを食べるとよいです。
しょっぱいものばかりでは、食後に「甘いものは別腹」が起こる確立が高いです。
食事で甘いものを食べておけば、デザートを食べる気が失せます。

薄味にしてダイエット

太る悪循環が起こる原因は、濃い味付けです。
ものすごくしょっぱいものを食べれば、中和するために、ものすごく甘いものが食べたくなります。
太ると、味覚が悪くなり、濃い味付けで、さらに太る、悪循環に陥ってしまいます。

バランス&ツイストボード「キュキュ」
ひねり運動、バランス運動、シーソー運動、ツボ刺激など、両面で1台6役のツイスターです。
サイズ:直径32.5cm×厚さ7.5cm、重量1.3kg

 




 

 関連記事
油の摂取量を減らすには
朝食を摂ると「太りにくい」「太る」の分岐点
間食を摂ってもよい
お酢・クエン酸で糖質の吸収を緩やかに
牛乳は食事のGI値を低くする効果が抜群
太りにくい飲み物
太りにくいデザート
野菜も摂り方しだいで太る
青魚のEPAが腹持ちをよくする
肥満の人は味覚障害・濃い味付けは太る原因に
睡眠不足は太りやすい
ストレスが溜まると太る

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。