ラーメンの太りにくい食べ方

ラーメンは塩分量が多く、食欲を増進させる働きもあり、ライスや餃子の食べすぎには注意が必要です。スープを飲む際にレンゲを使うと太りやすくなります。

ラーメン

細麺と太麺

細麺はスープを吸って水分が多いので、消化吸収がよいですが、太麺よりも血糖値を上げやすいです。
太麺は消化吸収が遅いだけでなく、噛むのに時間がかかって、食べるスピードもゆっくりできます。

つけ麺

つけ麺は熱くないので、早食いになりやすいです。
早食いは血糖値を急激に上げ、体脂肪になりやすいです。

レンゲを使うと太る

スープを飲むときにレンゲを使うと、脂肪を多く摂ることになります。
油分は、スープの表面に浮いているので、器に口をつけて飲むと、器が傾いて脂肪分を遠ざけることができます。
また、唇が油をせき止めてくれます。

塩分が多い

ラーメンは塩分量が多く、1日の摂取推奨量の半分以上を摂ってしまうほどです。
塩分は、高血圧の原因になるだけでなく、食欲を増進させる働きがあり、ライスや餃子などを食べたくさせます。
ダイエットには、スープを飲み干すことは、止めましょう。

ラーメンライス

ラーメンライスは、糖質+糖質なので、血糖値を上げてしまいます。
チャーハンは血糖値を上げにくいと言われるが、ラーメンといっしょに食べれば、高カロリーで太ります。

餃子

ラーメンといっしょに、餃子を食べるときも、酢を使うとよいです。
餃子の皮は小麦粉なので、食べすぎると血糖値を上げます。

【Amazon限定ブランド】プリマソーレ
1回10分乗るだけで、体幹を刺激し効果的に働きかけます。振動をリズミカルに変えてくれる3種類のプログラム(自動モード)の搭載と振動強度は30段階まで調整可能です。

 




 

 関連記事
肉じゃがは糖質が多いが栄養が豊富
酢豚はGI値が低いが高カロリー
ごはんとおかゆを比較・どちらがダイエット向き?
お好み焼き・ダイエットの長所と短所
コロッケVSメンチカツ・ダイエット目的で食べ分ける
唐揚げはヘルシー・ビタミンB6で代謝アップ
チャーハンは血糖値を上げにくいが高カロリー
餃子は「痩せる」「太る」が紙一重
卵料理でタンパク質・基礎代謝を下げない
シジミの味噌汁・オルニチンが体脂肪を分解
ウナギの豊富なビタミンが糖質・脂質をエネルギーに
すき焼きは高カロリーだが栄養バランスがよい
おでんの種「太る」「痩せる」豆知識
ラーメンの栄養価と太りにくい食べ方
パスタの栄養価と太りにくい食べ方

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。