肉じゃがには牛肉と豚肉、どちらがよいか?

地域によって、牛肉と豚肉に分かれます。東では豚肉、西では牛肉が使われる傾向にあるようです。ダイエットにはどちらがよいのでしょうか?

肉じゃが

牛肉

牛肉には、L-カルニチンという体脂肪を燃焼させるために必要な成分が多く含まれています。

L-カルニチン

L-カルニチンは、体内ではほとんど合成されません。
歳をとると太りやすくなるのは、牛肉などの肉類をあまり食べなくなることも一つの要因です。
L-カルニチンのサプリメントもあります。

豚肉

豚肉のGI値は45で低く、ビタミンB1が豊富に含まれています。
ビタミンB1には、糖をエネルギーに変える働きがあり、余った糖が脂肪になるのを少なくすることができます。
バラ肉やロース肉はカロリーが高いので、もも肉など脂身の少ない部位の肉を使うとベストです。

ビタミンB1

豚肉を食べるとスタミナがつくと言われるのは、ビタミンB1が豊富に含まれているためです。
ビタミンB1には、食欲を増進させる働きがあり、スタミナがつきますが、食べすぎには注意が必要です。

レッグマジックX
ショップジャパン
普段鍛えられない、内もも、外もも、ヒップなどおの美脚ゾーンを効果的に引き締めます。ほんの数十秒で太ももが「ぷるぷる」してくるはず。好きな時に簡単にすぐでき、続けられるから期待ができます。
耐荷重110kg

 




 

 関連記事
肉じゃがは糖質が多いが栄養が豊富
酢豚はGI値が低いが高カロリー
ごはんとおかゆを比較・どちらがダイエット向き?
お好み焼き・ダイエットの長所と短所
コロッケVSメンチカツ・ダイエット目的で食べ分ける
唐揚げはヘルシー・ビタミンB6で代謝アップ
チャーハンは血糖値を上げにくいが高カロリー
餃子は「痩せる」「太る」が紙一重
卵料理でタンパク質・基礎代謝を下げない
シジミの味噌汁・オルニチンが体脂肪を分解
ウナギの豊富なビタミンが糖質・脂質をエネルギーに
すき焼きは高カロリーだが栄養バランスがよい
おでんの種「太る」「痩せる」豆知識
ラーメンの栄養価と太りにくい食べ方
パスタの栄養価と太りにくい食べ方

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です