シジミの味噌汁でダイエットの相乗効果

シジミは二日酔いに効くだけでなく、代謝を上げて太りにくくしたり、美肌にも効果があります。

シジミ

シジミを食べるだけでは痩せない

体脂肪が燃焼しない原因1

シジミを食べているのに、「ぜんぜん体脂肪が燃焼しないじゃないか」と言う方もいます。
何故なら、オルニチンは、体脂肪を分解させる働きがあるだけです。
運動をしなければ、体脂肪はエネルギーとして、それほど使われません。

体脂肪が燃焼しない原因2

二日酔いでシジミを食べている場合、基本的に飲酒の量が多いです。
アルコールは1gで7kcalあり、脂質の9kcalよりは低いですが、糖質の4kcalよりも高いです。
また、オルニチンは、アルコールの解毒に使われてしまいます。

シジミの味噌汁でダイエットの相乗効果

味噌汁

味噌の原料である大豆には、たんぱく質や不飽和脂肪酸が豊富に含まれ、血行をよくして代謝を上げてくれます。
シジミだけでなく、ワカメなどのカリウムを多く含む海藻も入れれば、血圧を下げる働きもあります。

大豆イソフラボン

大豆には、女性ホルモンに似た成分である、イソフラボンが多く含まれています。
肥満を防いだり、悪玉コレステロールを減らしたり、美肌効果があります。

オルニチンの補給

体内のオルニチンは、加齢によって減少します。
シジミには、ビタミンB群が豊富に含まれ、血行をよくして代謝を上げてくれます。
シジミの味噌汁など、日常的に食べることが難しい場合は、オルニチンのサプリメントも有効です。

エアロマグネティックバイク AF6200
アルインコ
シンプルな機能を搭載したスタンダードモデルです。マグネット負荷8段階方式で、自分の体力や目的に合わせて運動が可能です。

 




 

 関連記事
肉じゃがは糖質が多いが栄養が豊富
酢豚はGI値が低いが高カロリー
ごはんとおかゆを比較・どちらがダイエット向き?
お好み焼き・ダイエットの長所と短所
コロッケVSメンチカツ・ダイエット目的で食べ分ける
唐揚げはヘルシー・ビタミンB6で代謝アップ
チャーハンは血糖値を上げにくいが高カロリー
餃子は「痩せる」「太る」が紙一重
卵料理でタンパク質・基礎代謝を下げない
シジミの味噌汁・オルニチンが体脂肪を分解
ウナギの豊富なビタミンが糖質・脂質をエネルギーに
すき焼きは高カロリーだが栄養バランスがよい
おでんの種「太る」「痩せる」豆知識
ラーメンの栄養価と太りにくい食べ方
パスタの栄養価と太りにくい食べ方