DITを高めてダイエット

食事をするだけでもエネルギーが使われるので、朝食を摂ることは大切です。

DIT(食事誘導性体熱産性)とは

食事をすると、体が温かくなったり汗をかいたりしますが、これは、食べたものが消化吸収されるときにもエネルギーが使われているからです。
このエネルギーが使われているときに出る熱をDIT(食事誘導性体熱産性)と言います。
DITが高い人は、低い人に比べて、より多く熱が発散されるので太りにくくなります。

代謝が高いとDITも高い

DITは筋肉量が少なくなったり、高齢になると低くなっていきます。
また、朝が一番高く、夜になるにつれて低くなっていきます。
DITを高めるには、筋肉をつけることが必要ですが、普段の生活で簡単にも高くすることができます。

DITを高めるには

  • 冷たいものより暖かいものを食べる
  • たんぱく質をたくさん摂る
  • 塩分を控えて香辛料を多く使う
  • 食事前に軽く運動をする

などすると、DITを高めることができます。

朝食と夕食での代謝

代謝が高いときに食事をすると太りにくく、代謝が低いときは太りやすくなります。
朝は、体の代謝が高く、朝食をしっかり摂ることで、1日の代謝を高く保つことができます。
夜は、体の代謝が低く、食べ過ぎると太ってしまいます。

代謝が高い状態での食事

食事の30分くらい前に軽い運動をすると、代謝が高い状態で食事を摂る事ができ、肥満を予防できます。
たんぱく質を十分に含む食事は、筋肉に不可欠な栄養素であると同時に、体の代謝を上げてくれます。

ウェイトダウン

ザバス
腹持ちのよい大豆プロテインとガルシニアエキスを配合したプロテインです。減量時に不足しやすい「11種類のビタミン」とカルシウム・鉄・マグネシウムも配合しています。

 




 

 関連記事
 1日5食ダイエット
体を温める食品と冷やす食品
牛肉赤身のL-カルニチンが脂肪燃焼を助ける
薬味(生姜・にんにく・唐辛子)で代謝を上げる
ナッツ類(クルミ・ピーナッツ)が代謝を上げる
アミノ酸を摂って体脂肪燃焼
黒酢・豊富なアミノ酸で美肌&冷え性改善
便秘になる理由と対処法
水分が不足すると太る

 

 カテゴリ
 低GIダイエット
ラクして痩せる豆知識
代謝を上げる方法
食欲を抑える方法
料理の痩せるポイント
ダイエットに役立つ食品
体脂肪を減らすツボ