うどんの太りにくい食べ方

うどんはGI値が高く太りやすいですが、肉や卵のタンパク質や脂質でバランスをよくすると、GI値を低くできます。

うどんの種類と栄養素

種類 カロリー
(kcal)
炭水化物
(g)
たんぱく質
(g)
脂質
(g)
そうめん 287 57 8.7 1.0
ざるうどん 290 59 8.0 1.0
かけうどん 307 60 9.9 1.1
山菜うどん 313 62 10.5 1.1
天ぷらうどん 359 63 14.1 3.8
月見うどん 382 60 16.1 6.3
きつねうどん 401 65 13.9 7.7
カレーうどん 430 86 10.8 1.4
肉うどん 557 65 16.5 22.4
焼きうどん 559 57 11.6 29.1

 

かけうどん

かけうどんや山菜うどんは、たんぱく質や脂質が少なく、糖質に偏っているので、血糖値を上げやすいです。
肉や卵を入れることで、栄養バランスがよくなります。GI値も下がります。

ざるうどん

ざるうどん、そうめんは、スッキリしていますが、ごはん2膳分の500kcalくらいあります。
さらに、天ぷらやかき揚げをプラスすると、かなりのカロリーになります。

力うどん、カレーうどん

力うどんは、うどんと餅で、炭水化物+炭水化物です。
うどん+おにぎりなどもよくありません。
カレーうどんは、つゆに糖質が原料である片栗粉が使われているので、GI値が高いです。

体を冷やす

うどんの材料である小麦粉は、体を冷やす食材です。
温かいうどんでも、食後は温まりますが、時間が経つと体を冷やすと言われます。
逆に、そばは体を温める食品です。

すぐエネルギーになる

うどんは、血糖値を上げやすい食品ですが、すぐエネルギーになる利点があります。
運動後や忙しいときなどには、体内のグリコーゲン(糖質)をすばやく回復させるので、筋肉疲労が溜まりにくくなります。

3D振動マシン
1日たった10分の簡単運動で、最大2時間のウォーキングに匹敵。
99段階に振動レベル調整可能で、体力に合わせたトレーニングが可能です。
Bluetooth対応音楽プレーヤー内蔵。
耐荷重150kg。

 




 

 関連記事
 白米の太りにくい食べ方・良いおかずと悪いおかず
パンの太りにくい食べ方・トーストで難消化性デンプンに
麺類の太りにくい食べ方・糖質に偏らないようにする

 

 カテゴリ
 低GIダイエット
ラクして痩せる豆知識
代謝を上げる方法
食欲を抑える方法
料理の痩せるポイント
ダイエットに役立つ食品
体脂肪を減らすツボ