和菓子の太らない方法

和菓子が洋菓子に比べて太りにくいと言われるのは、クリームやバターなどを使用せず、カロリーが低いからです。

デザート

和菓子は血糖値を上げやすい

和菓子が洋菓子に比べて、太りにくいと言われるのは、クリームやバターなどを使用せず、カロリーが低いからです。
脂肪分が少ないことで、コレステロール値を上げにくいですが、GI値は和菓子の方が高く、血糖値を上げやすいです。

小豆

あんの原料である小豆のGI値は45で、食物繊維が豊富に含まれることも、洋菓子に比べて太りにくいとされる理由です。
小豆だけならダイエット食品ですが、あんには砂糖がたっぷり使われて、和菓子のGI値は80~90にもなります。

つぶあん・こしあん

つぶあんの方が小豆の皮が多く含まれる点から、太りにくいと言われます。
小豆の皮には、サポニンが豊富に含まれ、便秘を改善する効果が期待できます。
GI値は、つぶあんが78、こしあんが80で、あまり変わりません。
ゆえに、あんこの量、含まれる砂糖の量に大きく左右されます。

GI値を下げるには

和菓子は、比較的カロリーが低いので、どれだけGI値を下げられるかが、ダイエットのポイントになります。
お茶や牛乳などと一緒に食べることで、ある程度はGI値を下げることができます。

緑茶

緑茶の成分であるカテキンに、糖質の消化吸収を抑える働きがあります。
ペットボトルの緑茶よりも、急須で入れた濃い緑茶の方がカテキンが多くなります。

ゆらゆらスイングマシーン
足を乗せるだけでゆらゆら金魚運動ができる!
仰向けに寝ているだけで筋肉を刺激し、血液循環もよくなり、新陳代謝も高まります。
横方向のスイング運動がツボを刺激し胃腸の働きが良くなります。

 




 

 関連記事
油の摂取量を減らすには
朝食を摂ると「太りにくい」「太る」の分岐点
間食を摂ってもよい
お酢・クエン酸で糖質の吸収を緩やかに
牛乳は食事のGI値を低くする効果が抜群
太りにくい飲み物
太りにくいデザート
野菜も摂り方しだいで太る
青魚のEPAが腹持ちをよくする
肥満の人は味覚障害・濃い味付けは太る原因に
睡眠不足は太りやすい
ストレスが溜まると太る