揚げ物のカロリー・油を減らすには

油は、摂りすぎると生活習慣病の原因になりますが、ほとんど摂らないような食事制限は体によくありません。

揚げ物のカロリー・油を減らすには

揚げ物のGI値

豚肉、エビのGI値はそれぞれ45、40で、茹でたり焼いたりしてもそれほどGI値は変わりません。
しかし、小麦粉やパン粉を使って揚げるトンカツやエビフライはカロリーだけでなく、GI値も高くなります。

食材 GI値
パン粉 70
小麦粉 60

 

衣のカロリー

トンカツやエビフライ、掻き揚げなど、揚げ物の衣はカロリーが高く、材料が小麦粉なのでGI値も高いです。
ダイエット中はできるだけ控えたいですが、食べる場合はレモン汁をかけたり、野菜をたくさん摂ることでGI値を低くすることができます。
レモンに含まれるクエン酸には、糖質の吸収を緩やかにする効果があります。

油を減らす

揚げ物の場合、衣の面積を小さくすることで、油の量を減らすことができます。
揚げ物のカロリーを低い順に並べると、素揚げ→唐揚げ→フライ→天ぷら→掻き揚げ となります。
また、素材を大きく切ったり、衣を薄くしたり、下ゆですると、油の量を減らすことができます。

調理法

調理法によってもカロリーを減らすことができます。
調理法のカロリーが低くなる順に並べると、ゆでる・蒸す→生食→煮る→焼く・炒める→揚げる となります。
網やグリルで焼いたり、フッ素樹脂加工のフライパンやオーブントースターを使えば、余分な油を落とすことができます。

スクワットマジック
立ち上がる際に、反発力により関節への負担を少なく、正しい姿勢でのスクワットをサポートしてくれる器具です。
負荷は3段階調整、耐荷重110kg。

 




 

 関連記事
油の摂取量を減らすには
朝食を摂ると「太りにくい」「太る」の分岐点
間食を摂ってもよい
お酢・クエン酸で糖質の吸収を緩やかに
牛乳は食事のGI値を低くする効果が抜群
太りにくい飲み物
太りにくいデザート
野菜も摂り方しだいで太る
青魚のEPAが腹持ちをよくする
肥満の人は味覚障害・濃い味付けは太る原因に
睡眠不足は太りやすい
ストレスが溜まると太る