女性ホルモンに似た美容効果・イソフラボン

大豆に多く含まれるイソフラボンは、女性ホルモンに似た成分で、美肌効果を高めます。

豆腐

イソフラボン

大豆には、エストロゲンという女性ホルモンに似た成分である、イソフラボンが多く含まれています。
エストロゲンは、肥満を防いだり、悪玉コレステロールを減らしたり、美肌効果がありますが、歳をとるにつれて減っていき、太りやすくなります。
大豆に含まれるイソフラボンを摂ることで、エストロゲンの効果が得られます。

イソフラボンが多い食品

イソフラボンは、1日に40~50mgくらい摂るのを目安にします。
一度にたくさん摂るより、毎食ごとに少しずつ摂ったほうが吸収されやすく、サプリメントでは過剰摂取になってしまうかも知れません。
1日に40~50mgとは、豆腐なら1/3丁、納豆なら1パック、豆乳ならコップ1杯くらいです。

豆腐、おから、納豆のダイエット効果

メニュー豊富な豆腐料理で飽きずにダイエット
大豆食品で最もよく食べられているのが豆腐です。木綿と絹ごしがあり、冷奴や鍋だけでなく、豆腐ハンバーグや麻婆豆腐など、アレンジできるメニューも豊富で、飽きずにダイエットを続けられます。

おからで食物繊維・お腹で膨らんで少量でも満腹になる
おからは、豆腐をつくる際に出る大豆の搾りかすです。豊富に含まれる不溶性食物繊維が腹持ちをよくしたり、便秘の改善にも役立ちますです。

納豆で血管・骨・肌を若くアンチエイジング
納豆には、ナットウキナーゼ、イソフラボン、トリプトファン、ビタミンB6、ビタミンKなどのダイエット、美容、健康に役立つ栄養素が豊富に含まれています。

3D振動マシン
上下左右へ微細な3D振動がお肉や筋肉をブルプル揺らし血行促進、脂肪を燃焼します。バランスを取ることで、同時に下半身の筋肉を効率よくよく鍛えることができます。

 




 

 関連記事
 満腹中枢を働かせてダイエット
大豆食品は腹持ちがよくダイエット成分が豊富
メニュー豊富な豆腐料理で飽きずにダイエット
納豆で血管・骨・肌を若くアンチエイジング
おからで食物繊維・お腹で膨らんで少量でも満腹になる
食物繊維が余分な糖分や脂肪を吸着
海藻のネバネバ成分・フコイダンが中性脂肪を減らす
ヘルシーなキノコも高カロリーになってしまう
ゴボウの食物繊維・イヌリンが中性脂肪を減らす
食物繊維が豊富なオールブランで朝食と間食
糖質や脂質の吸収を減らすサプリメント

 

 カテゴリ
 低GIダイエット
ラクして痩せる豆知識
代謝を上げる方法
食欲を抑える方法
料理の痩せるポイント
ダイエットに役立つ食品
体脂肪を減らすツボ